ノムコムの評判・口コミはどう?プロ・ビズ・野村の仲介+など関連サービスも解説!

信頼できる不動産の情報サイトを探していて、ノムコムの情報に行き着いたという人も多いでしょう。ノムコムはただ情報を提供するだけでなく「野村の仲介+」などの仲介サービスにもつながっています。

これらのサービスの利用も検討する場合、気になるのはノムコムの評判でしょう。不動産の仲介は購入する側でも売却する側でも、非常に高額な売買になるため、評判のいい仲介サービスを選ぶことが必須といえます。

この記事では、このようにノムコムの仲介サービスの利用を検討している方のため、ノムコムの評判について解説していきます。

ノムコムとは

ノムコム

最初にノムコム(nomu.com)とはどんなサイトかをまとめると、下記のようになります。

以下、それぞれ解説していきます。

不動産の売買情報サイト

ノムコムとは「不動産の売買情報サイト」です。下のような物件の情報が豊富に掲載されています。

  • 新築マンション
  • 中古マンション
  • 新築一戸建て
  • 中古一戸建て
  • 土地

上記はノムコムのメインである「個人用」のものです。他にも事業用・投資用の物件も紹介されています。そちらでは「一棟ビル・工場」などの大型の物件も多数あります。

首都圏・関西・名古屋の物件を主に紹介

ノムコムで紹介されている物件は、主に下の3つのエリアのものです。

  • 首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城)
  • 関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀)
  • 名古屋

最後の「名古屋」についてですが、カテゴリとして「東海」というページもあります。2018年11月末時点では名古屋以外の東海の物件はありませんが、今後追加されていく可能性があります。

運営会社は「野村不動産アーバンネット」

野村不動産アーバンネット

ノムコムの運営会社は、野村グループの「野村不動産アーバンネット株式会社」です。野村グループは正確には「野村ホールディングス」といいます。

野村グループで一番有名なのは「野村證券」ですが、野村不動産も日本の不動産業界の「ビッグ7(メジャーセブン)」と呼ばれる、最大手の1社です。なお、参考までに他の6社を一覧にすると下記のようになります。

  • 住友不動産
  • 三井不動産レジデンシャル
  • 三菱地所レジデンス
  • 東急不動産
  • 大京
  • 東京建物

錚々たる顔ぶれですが、これらの最大手と並んでいる野村不動産が、以下に大きな不動産会社&グループであるか、実感出来るでしょう。

そのような野村不動産のグループ会社(野村不動産アーバンネット)が運営しているサービスが、ノムコムです。

インターネット上での評判・口コミ

ノムコムの評判は、Web上でも調べることができます。ここでは、Twitter上のノムコムの評判の中でも、特に参考になる内容を紹介させていただきます。

ただ、Twitterはあくまで個人の感想であり、正確な情報とは限りません。あくまで参考として見るようにしてください。

いい評判・クチコミ

悪い評判・クチコミ

ノムコムのメリット・強み

ノムコムの強み・メリットをまとめると、下記のようになります。

以下、それぞれののメリットについて解説していきます。

マンションの価格がWebですぐにわかる

マンションデータPlus

ノムコムには「マンションデータPlus」というサービスもあります。これは「マンションの相場価格がすぐにわかる」ものです。

メールや書類のやり取りによる査定ではなく「その場ですぐ、ネットでわかる」という点が特徴といえます。あくまで相場ですが、あなたの売ろうとしている・買おうとしているマンションの大体の価格がわかるわけです。

2018年オリコン顧客満足度調査1位

オリコン

ノムコムは、2018年のオリコン顧客満足度調査の「不動産仲介」において、下の3分野で第一位を獲得しています。

  • 売却 マンション
  • 購入 マンション
  • 売却 戸建て

オリコン顧客満足度の調査は上記のように細かく項目がわかれているのですが、特にマンションにおいては「売買両方で1位」を獲得しているわけです。

一戸建てについては「売却のみ」ですが、それでも「個人の売買の部門で4分の3」は、ノムコム(野村の仲介+)が1位を取っているということです。1位を取れていないのは「購入 戸建て」のみとなります。

このように顧客満足度が高い点でも、ノムコムは多くの人におすすめといえるでしょう。

AIによる簡易アドバイスが受けられる

AI

ノムコムでは「住まいのAI ANSWER」というサービスを提供しています。これは、住まいの購入・売却に関して、AIIがチャットでサポートをしてくれるものです。

チャットで表示される項目をクリックしていくことで、知りたい情報にたどり着けます。また、自分で質問を直接入力するのも可能です。

AIのメリットは「気を使わなくていい」こと

「AIでしっかりしたアドバイスができるのか?」と思うかもしれません。これはある程度できるのですが、情報の正確性以上に「気を使わなくていい」というのがAIの一番のメリットです。

不動産の仲介に限らず、サービスなどについて問い合わせするとき、相手が人間だと緊張するでしょう。電話はもちろん、メールでもそれなりに気を使うことが多いはずです。

特に相手に何かをしてもらった場合、まったく購入などをせずに断るのは気が引けてしまうでしょう。しかし、AIだったらその心配はありません。

「考えるきっかけになるような情報」を、まったく気を使うことなくノンストレスで手に入れられるのが、AIサービスの魅力といえます。

会員登録をすると、キャンペーンでプレゼントをもらえる

キャンペーン

ノムコムで会員登録をすると、ノムコムメンバーズとなり、メンバーズ限定のプレゼントをもらうことができます。もちろん抽選ですが、上の画像のようなキャンペーンが頻繁に開催されています。

上のキャンペーンの場合、期間は2018年9月28日~2019年1月17日と、大体4ヶ月程度です。そして、プレゼントの内容は下記の通りです。

  • ノムコムオリジナル・クオカード 1000円分(10名様)
  • テーブルグリル・ピュアホワイト(1名様)
  • ダイソン・ピュア hot cool(1名様)
  • Amazonギフト券 1000円分(10名様)

上記のように住まいを探している人にとって実用性の高いプレゼントが当たります。会員登録は無料なので、「当たる確率が高く、金額が小さめの無料宝くじを買う」というつもりで登録してみるのもいいでしょう。

ノムコムのデメリット・短所

公式サイトのキャプチャ画像

ノムコムのデメリットや悪い点をまとめると、下のように言えます。

以下、それぞれ解説していきます。

エリアが一部に限定されている

ノムコムでは、全国の物件を取り扱っているわけではありません。対象は下のエリアに限定されています。

  • 関東
  • 関西
  • 東海

たとえば北海道・東北・北陸・中国・四国・九州・沖縄などの他のエリアは、すべて除外されているということです。

対象エリア別の都道府県一覧

「関東」や「関西」という表現では、どの都道府県が対象なのかわかりにくいでしょう。それぞれ都道府県も一覧にすると下の通りです。

関東 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県
関西 大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・滋賀県
東海 愛知県・岐阜県・静岡県・三重県

東海について上のように4県が一応対象となっています。しかし、2018年11月末時点では、実際に物件が紹介されているのは「愛知県の名古屋市のみ」です。

このように、対象地域が限定されていることは、そのエリア外の物件を売買したい人にとってデメリットといえるでしょう。

購入する場合、野村が扱っていない物件もある

ノムコムはあくまで野村不動産のサービスです。そのため、野村が扱っていない物件は購入できません。

もっとも、これはノムコムや野村不動産に限った話ではなく、どの会社が運営する不動産情報サイトでも同じです。ノムコムだけでなく、いくつかのサイトを同時に使うのがベストといえるでしょう。

仲介では、すべての担当者が一流とは限らない

野村の仲介+を利用する場合、他の仲介会社と同じように担当者が付きます。そして、その担当者が必ず優秀であるとは限りません。

野村不動産という大手に就職している以上、全体的には実力のある一流の営業マンが多いといえます。しかし、どんな一流企業・大企業でも例外的な社員さんはいるものです。

これは他の名門企業を見ても、たまに一部の社員さん・重役などが不祥事を起こすことを見てもわかるでしょう。野村の仲介+の担当者の方も人間である以上、全員が完璧というわけではありません。

万が一「担当がイマイチ」と感じたら、会社や店舗に告げて交代させてもらうか、他の仲介会社を利用するといいでしょう。他の仲介会社を探す場合、イエシルなども役立つかと思います。

イエシルの評判・口コミは?査定の精度・信ぴょう性・ビジネスモデルを分析

2018.11.25

ノムコムの主要サービス

ノムコムには多くのサービスがありますが、その中の主だったものとして、下の3つがあります。

以下、それぞれのサービスについて説明していきます。

マンションデータPlus

マンションデータPlus

マンションデータPlusは「マンションの相場価格がすぐわかる」サービスです。メールなどで問い合わせる必要はなく、地域やマンション名などで検索すれば、そのマンションの売買価格の相場を把握できます。

あらゆるアプローチで探せる

マンションの検索は、下のようにさまざまな検索方法で探せるようになっています。

  • 地域から
  • 沿線から
  • 地図から
  • 特定のワードから

このような検索方法は、SUUMO(スーモ)などの他の大手不動産情報サイトでもあります。しかし、ノムコムではエリアが限定されている分、そのエリアの情報に関しては他社サイトより充実している印象です。

過去のデータを豊富に閲覧できる

マンションデータPlusでは、「過去の売出し事例」「価格騰落率」など、多くのデータを閲覧できます。価格騰落率とは「マンション新築時から価格がどれだけ上下したか」というパーセンテージです。

他にも多くの指標を見ることができます。特にマンションを買う側でなく売る側のときに、これらのサービスが役立つでしょう。

ノムコム・プロ(投資用)

ノムコム・プロ

ノムコム・プロは「投資用不動産」を扱うサービスです。下のように多彩なジャンルの物件があります。

  • マンション(区分・一棟)
  • 売りアパート
  • 売りビル(一棟)
  • 投資用戸建て
  • 店舗・事務所
  • 工場・倉庫
  • ホテル・旅館

その他にも寮・社宅・土地(収益物件用地)など、豊富な種類の物件を扱っています。

ノムコム・ビズ(事業用)

ノムコムビズ

ノムコムは、事業用不動産のサイトとして「ノムコム・ビズ」も運営しています。こちらもノムコム・プロと同様、多彩な物件を扱っているのが特徴です。たとえば土地の場合、下記のようになります。

  • マンション用地
  • オフィスビル用地
  • 商業・店舗用地
  • 建売用地
  • 工場用地
  • ホテル・旅館用地
  • 倉庫・物流施設用地
  • ロードサイド店舗用地

他にも「医療・介護用地」や「寮・社宅用地」「学校用地」など、ありとあらゆる種類の事業用地の売買情報があります。これらの土地を売買したいという法人だけでなく、不動産業者にとっても便利なサイト&サービスです。

土地だけでなく建物の情報も豊富

ノムコム・ビズでは、土地だけでなく事業用建物も多く扱っています。利用目的でいうと、下記の通りです。

  • 一棟マンション
  • オフィスビル
  • 商業・店舗ビル
  • 事務所
  • ロードサイド店舗
  • 工場
  • 倉庫・物流施設

他にも多くの建物があり、あらゆる事業でのニーズに対応できるようになっています。

ノムコムはこんな人におすすめ

ノムコムがどのような人にオススメかをまとめると、下記のようになります。

以下、それぞれ詳しく説明していきます。

野村のブランドマンションに住みたい人

プラウド

野村不動産は、プラウドなどのデザインマンションの人気ブランドをいくつか持っています。上の画像は「プラウド能美台」のものです。

プラウドは主力シリーズの一つですが、このシリーズだけでも下のようなマンションがあります。

  • プラウド能美台
  • プラウドタワー名古屋久屋大通公園
  • プラウド枚方岡南町
  • プラウド武庫之荘アベニュー
  • プラウド瀬田一丁目
  • プラウド近江八幡
  • プラウド練馬中村橋ガーデンテラス

これらはほんの一部で、他にも鷺沼テラス・東雲キャナルマークス・武蔵境テラス・千里山手町などのマンションがあります。このように全国各地に展開している高級マンションですが、このプラウドのような「野村のデザインマンション」に住みたい人には、ノムコムはおすすめといえるでしょう。

(これらの物件が、他の不動産情報サイトより探しやすいためです)

野村のマンションに住んでいて、売りたい人

野村のマンションに「住みたい・買いたい」というだけでなく「住んでいる・売りたい」という人にも向いています。自社ブランドのマンションですから、価値を落とさないためにできるだけ高値で売ろうと努力してくれるでしょう。

実際に物件情報を見て、希望通りの物件があった人

サイト自体も大事なのですが、最終的に一番重要なのはやはり「あなたが住む物件」です。もちろん事業用であれば「事業をする物件」、投資用であれば「資産運用する物件」となります。

ノムコムにしても他社サイトにしても「すべての物件を扱っている」わけではありません。むしろ「日本で売られている物件の中で、取り逃している物件の方が多い」わけです。

そして、たとえばあなたが複数のサイト・サービスで家を探していて、下のような状態になったとしましょう。

  • ノムコムはいまいちだったが、理想の物件があった
  • 他社サイトは使いやすかったが、理想の物件がなかった

この場合、誰がどう見ても「ノムコムのその物件を買うべき」でしょう。いい物件さえ見つかれば、サイト全体がどうであろうとあなたには関係ないのです。

もちろん、あまりにも疑わしいデザインのサイトだったら「その物件情報も本物かどうかわからない」という疑いを持てます。しかし、ノムコムの運営会社は野村不動産アーバンネットです。物件情報はすべて極めて正確であるといえます。

(野村不動産でも絶対に間違いがないとはいえませんが、同社を信用できないなら、日本のどの大手の不動産会社でも信用できないということになるでしょう)

ノムコムの基本情報

バナー画像

ノムコムの基本情報をまとめると、下の通りです。

サービス開始時期 1999年
運営会社 野村不動産アーバンネット株式会社
物件対象エリア 関東(東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県)、関西(大阪府・奈良県・京都府・滋賀県・兵庫県)、東海(愛知県・静岡県・三重県・岐阜県)
関連サービス ノムコムプロ(投資用)、ノムコムビズ(事業用)

続いて、運営会社の情報もまとめていきます。

運営会社の会社概要

ノムコムの運営会社「野村不動産アーバンネット株式会社」の会社情報は下の通りです。

設立年月日 2000年11月6日
資本金 10億円
代表者 前田研一・代表取締役社長
売上高 310億4800万円(平成30年3月期)
所在地 東京都新宿区西新宿1丁目26番2号 新宿野村ビル

資本金も10億円と大きく、設立から18年以上という長い歴史もあり、同社の信頼性は高いといえます。

まとめ

ノムコム公式サイト

以上、ノムコムの評判・口コミについてまとめてきました。インターネット上での信頼できる評判は少ないものの、野村不動産というブランド自体が、長年かけて築き上げられた評判ともいえます。

ノムコムの評判について、要点を整理すると下の通りです。

  • 悪い評判・クチコミは特にない
  • 他の大手のサービスと同様に、評判は一定以上
  • オリコン顧客満足度では、2018年の3部門で1位に
  • 評判は全体的にいいが、エリアによってはそもそも対象外
  • 野村の物件の売買については、他社サービスより間違いなくいい
  • 購入の場合、最終的には「ほしい物件があるか」がすべて

これはノムコムに限った話ではありませんが、こうした不動産関連のサービスは「複数使うのがベスト」です。そして、その複数の候補の中で、ノムコムはトップレベルのサービスといえるでしょう。