スモーラ(Smoola)の評判・クチコミは?一括査定・相場情報は信用できる?

不動産の情報サイトは多くありますが、最近注目されているサイトの一つにスモーラ(Smoola)があります。このスモーラの存在を知って、下のような疑問を持つ方もいるでしょう。

  • どのようなサイトなのか
  • 他社とどう違うのか
  • 評判はどうなのか

この記事では、こうした疑問に応えるため「スモーラの概要・評判」などをまとめていきます。特に「多くのサイトから相場情報を仕入れたい」「多くの一括査定サイトを利用したい」と思っている方に、参考にしていただけるでしょう。


なお、スモーラの中で特に人気があるサービスは一括査定ですが、一括査定ではイエウールもおすすめです。イエウールについては、下の記事で評判などを詳しく解説しています。

イエウールの評判・口コミは?「しつこい・怖い」と最悪の評価?

2018.12.23
この記事を読んでわかること
  • スモーラとはどんなサービスか
  • スモーラの評判(いい・悪い両方)
  • スモーラのメリット・デメリット
  • スモーラの運営会社

スモーラ(Smoola)とは

スモーラ(Smoola)トップ画像

評判についてまとめる前に、まずスモーラ(Smoola)とは何かを説明しましょう。箇条書きでまとめると下のようになります。

以下、それぞれ解説していきます。

中古マンション・土地・一戸建ての相場がわかるサイト

スモーラ(Smoola)とは何かを一言でいうと「不動産の情報サイト」です。そして、どのような情報がわかるのかというと「相場」です。

そして「何の相場がわかるのか」を書くと、下の3つになります。

  • 中古マンション
  • 土地
  • 一戸建て

要は「一般人が売買するタイプの不動産の相場が、すべてわかる」ということです。

相場情報のデータ・一括査定などのサービスがある

相場がわかるサイトといっても「具体的にどうわかるのか」という点が気になるでしょう。これは主に下の2つのサービスによってわかります。

それぞれのサービスの詳細は、クリックしてジャンプした先の段落で説明しています。

運営会社は「株式会社マンションリサーチ」

不動産の情報サイトと聞いて、当然気になるのは「その情報は信頼できるのか」という点でしょう。そして、その信頼性を確かめる上で「運営会社はどこか」という点が気になるはずです。

スモーラの運営会社は「株式会社マンションリサーチ」です。同社の会社概要については、スモーラの運営会社の段落でまとめています。

以上がスモーラの概要です。より詳しくスモーラについて知りたい方は、下の公式サイトをご覧ください。

スモーラ(Smoola)のいい評判・口コミ

ウッドデッキと家の模型

Smoolaのいい評判としては、下のような内容が見られます。

以下、それぞれの評判について解説していきます。

最大9社から一括査定を受けられる

スモラボ

スモーラの評判の中で特に多く見られるものは「一括査定が便利」というもの。そう評価される理由を書き出すと、下の通りです。

以下、それぞれの理由について解説していきます。

業界平均の6社より多い9社の最大査定数

Smoolaの一括査定が「便利」と評判なのは「最大9社から査定を受けられる」という点です。

一括査定は他の不動産情報サイトも多く提供しています。しかし、他社では「最大6社」というパターンが多いのです。たとえばNTTデータグループが運営するHOME4U(ホームフォーユー)のそうです。

HOME4Uの評判・口コミは?不動産一括査定の価格は信用できる?

2019.01.14

もちろん「最大6社でも十分」という人もいるでしょう。しかし、「できるだけ多くの業者から査定を受けたい」という人もいます。そうした人々の間では、スモーラの一括査定の「最大9社」という点が、特に評判ということです。

大手の有名不動産会社も多数参加

Smoolaの一括査定には、誰もが知る有名な大手不動産会社が多数参加しています。具体的には下のような企業です。

  • 近鉄不動産
  • みずほ不動産販売
  • 朝日住宅
  • 三菱UFJ不動産販売
  • ハウスドゥ!
  • 大成有楽不動産販売
  • 大京穴吹不動産

このように、誰もが一度は名前を聞いたことがあるような大企業が並んでいます。上に書ききれなかった会社でも、センチュリー21などの有名グループがあります。

不動先生
なお、一覧の中にハウスドゥ!がありますが、ハウスドゥ!については下の記事を参考にしてみて下さい。

ハウスドゥの評判・口コミは?新築・建売・リフォームの評価をチェック!

2018.12.26

提携会社は全国2500店舗超

Smoolaの一括査定は、提携企業数が多いことでも評判。全国で2500店舗超となっています。

これだけ多くの店舗が全国各地にあるので、どの都道府県の物件で査定を受けても、多くの業者から見積もりをとることが可能です。この点も多くのユーザーの間で評判となっています。

マンション・一戸建てで分かれている

一戸建てとマンションを分けて一括査定できる、という点も評判です。スモーラの一括査定のページを見ると、下のように2通りの入り口があります。

  • マンションの一括査定サービス
  • 一戸建ての一括査定サービス

どちらを選んでも、それぞれマンションの売買に強い会社・一戸建ての売買に強い会社が対象となります。このようにジャンルを絞り込んで一括査定をできるのも、ユーザーにとっては便利な点でしょう。

45秒でできて簡単&スピーディー

スモーラの一括査定は、わずか45秒でできます。他社だと大体「約一分』あるいは「約60秒」となっており、スモーラの方が若干短い時間設定です。

もちろん、こうした入力作業は下のような諸条件によって、所要時間が大幅に変わります。

  • 機器の操作に慣れているか
  • 物件の情報を暗記しているか
  • 住所などの情報が短いか
  • 過去に他の一括査定を受けたことがあるか

これらによって数分程度の誤差が出ることもよくあるので「45秒」「60秒」という時間を比較することには、それほど意味がありません。しかし、とりあえず「他社のサービスより難しいことはない」のは確かといえるでしょう。

(明らかに他社より時間がかかるサービスで最短の時間をうたうと、誇大広告という指摘を受ける可能性もあるためです)

このように、簡単かつスピーディーに一括査定をできるという点でも、スモーラは評判となっています。

不動産相場がウェブ上でわかる

不動産相場

Smoolaのいい評判の2つ目として「不動産相場をネット上で調べられる」という点が多く指摘されます。このサービスが特に評価されている部分は下の通りです。

以下、それぞれ詳しく説明します。

約800万の豊富な売買事例から計算

不動産の相場を正確に知るには、膨大な事例を集めることが欠かせません。その点、スモーラの不動産相場は約800万という、豊富な取引事例から計算されているので信頼できます。

特定エリアだけでなく全国の情報が揃う

Smoolaの不動産相場は、首都圏などの限定されたエリアだけではなく、全国が対象となっています。この点は、首都圏に限定されているイエシルの相場情報サービスなどと異なっている点です。

売野くん
もちろん、イエシルはわざと首都圏に特化してるんですよね?
不動先生
はい。要はどちらもそれぞれの長所があるのですが、全国対応というのはSmoolaの長所の1つといえます。

比較対象のイエシルについては、下の記事で詳しく解説しています。

イエシルの評判・口コミは?査定の精度・信ぴょう性・ビジネスモデルを分析

2018.11.25

過去の価格推移もわかる

スモーラの不動産相場情報は、現在だけでなく過去の価格も一定期間まですべてわかるようになっています。現時点の価格だけでなく、過去の推移も見ることで、今後の相場変動をより把握しやすくなるのです。

サービスは無料で利用可能

このように量・時期ともに膨大なデータにアクセスできるSmoolaの相場情報ですが、このサービスは無料で利用できます。会員登録が必要ですが、この登録に費用などは一切かかりません。

登録時の費用はもちろん、入会後の年会費なども一切ないので、安心して使えます。

あらゆる条件で絞り込める

Smoolaの不動産相場情報は、あらゆる条件で絞り込みができるようになっています。

  • マンションごと
  • エリアごと
  • 特定の物件の近隣物件(ライバル物件)

絞り込み検索の選択肢が多いことで、探している情報によりスピーディーにアクセスできる点が評判です。

「スモラボ」で不動産の知識を簡単に学べる

一括査定

Smoolaは、スモラボ(Smoola lab)という情報サイトも運営しています。これは不動産の基礎知識が「5分でわかる」サイトです。

もちろん、すべての知識を5分で得られるわけではありません。しかし、気になるテーマの記事を読むと、そのテーマについては5分でわかるように、簡単に解説されています。

たとえば2019年1月末時点の最新記事では、下のようなタイトルが並んでいます。

  • すまい給付金とは
  • マンションの「手付金」ってどんな仕組み?
  • 家を建てるなら、要チェック!都市計画区域とは

スモラボ(Smoola公式サイト)

(他にも多数の最新記事がありますが、部分的に抜き出しています)

こうした「全体的」な知識を得ながら、実際の物件を査定してわかる相場など「リアルな情報」も得られることも、Smoolaがユーザーに好評を博している理由といえるでしょう。

スモーラ(Smoola)の悪い評判・クチコミ

洋書の上の家の模型

スモーラの悪い評判や口コミでは、下のような内容が見られます。

以下、これらの低評価について解説していきます。

他社のサービスとの違いがあまりない

Smoolaの悪い評判はあまり見られないのですが、たまにあるとしたらこれが大きなものだといえます。一括査定にしても不動産相場の情報にしても、他社で同様のサービスを提供している、ということです。

つまり「没個性」という批判ですが、これは必ずしも悪いことではありません。

複数社のサービスを比較することで、より確かな情報を得られる

一括査定は1社のサービスだけでも、それなりに価格相場を把握できるもの。しかし、他社の一括査定設けたら、その精度がさらに高まることは理解できるでしょう。

少なくとも「より高く査定してくれる不動産屋」は、追加の一括査定を受けることで、現れやすくなります。もちろん、その不動産屋が本当にその値段で最後まで交渉してくれるかはわかりません。

しかし、その会社も含めて複数の会社と本査定を継続していれば、本査定で値下げした業者との交渉は打ち切る、といいう形でやっていけます。このように「あなたがいくらでも選べる」ので、査定を受ける業者は多い方がいいのです。

  • 査定を受ける業者は多い方がいい
  • ならば、受ける一括査定の数も多い方がいい

ということです。つまり、Smoolaの一括査定が仮に没個性だろうと、それはユーザーにとって悪いことではないのです。「一括査定が多数提供されていること」自体が、ユーザーにとってメリットになるわけですね。

査定価格が後から安くなった

これは「一括査定あるある」です。一部の業者は仮査定の段階では興味を持ってもらうために「かなり高い査定価格」を提示します。そして、実際に本査定まで進むと「安い買取価格」を提示するわけです。

このようなやり方は一括査定や不動産業界だけでなく、どの業界のどのサービスでも見られます。「釣った魚にエサはやらない」ということわざもありますが、場合によっては結婚生活や恋愛で同じことが起きていることもあるでしょう。

こうした「思っていたのと違う」という誤算は、生活のありとあらゆる場面であるものです。そのため、Smoolaの一括査定についてもこうした「悪評」が見られますが、決してSmoolaだけの問題ではありません。

「後から買取価格を安くする業者がいる」ということを最初から覚悟しておけば、複数の業者との交渉を継続するでしょう。そして、先にも書いた通り、不当に値段を下げてきた業者とは交渉しなければいいのです。

このため、「査定価格が安くなった」という悪い体験談については、「対処法がいくらでもある」「日常生活のあらゆる場面で見られること」と考えて下さい。

9社から査定を受けられなかった

Smoolaの一括査定は「最大9社から査定を受けられる」というのが特徴。しかし「9社から査定を受けることができなかった」という悪い評判もあります。

しかし、これはあくまで「最大」であることを意識しなければいけません。単純に口コミを書き込まれている方のチェック不足だったといえますが、常に9社の査定を受けられるわけではないのです。

もし多くの査定を受けたいのであれば、他社のサービスと併用すればいいでしょう。Smoola以外の一括査定ではたとえばライフルホームズなども人気です。ライフルホームズの一括査定については、下の記事を参考にしていただけたらと思います。

ライフルホームズの評判・口コミはどう?6つのメリットを徹底解説!

2018.12.12

スモーラ(Smoola)のメリット・デメリット

洋書の上の家の模型

スモーラ(Smoola)を利用するメリットとデメリットをまとめると、下のようになります。

以下、それぞれ詳しく説明していきます。

メリット…他社サービスと併用することでより有利に

スモーラは、他社の一括査定など同様のサービスと併用することで、あなたの不動産売却をより有利に進められるのがメリットです。一括査定にしても不動産相場の情報にしても、データは多ければ多いほど有利になります。

もちろん、あまり多すぎると混乱することもあるでしょう。しかし、それはあなた自身が「受ける一括査定の数を調節する」などの方法で対処できます。

自身にとって適度な情報量になるよう調節すれば、情報の提供元が多いのはいいことです。「多ければ多いほど、こちらの選択肢が増える」といえるでしょう。

そのように選択肢を増やせる点で、スモーラの存在は多くのユーザーにとってメリットがあるといえます。

デメリット…使い方が悪いと逆に混乱することも

これはどんな道具やサービスにでもいえることですが、スモーラも使い方が悪ければ逆に混乱します。具体的には、一括査定では「うまく断れない」というのがデメリットの元になります。

言うまでもなく「断れないために延々とメールや電話のやり取りをすることになり、それで時間を浪費する」などのケースです。これは断れる人からすると「何で?」と思うような展開ですが、中にはそのように「断れない」方もいるのです。

こうした方は他社の一括査定を利用していても、業者について「営業電話がしつこい・怖い」と感じることもあり、そのような口コミもしばしば見られます。しかし、一般的に使われているような断り方を使ってハッキリと断れば、それほど業者に困らされることもないのです。

スモーラに通報されるので、強引な営業は業者もしない

これもスモーラだけでなく他社サービスでもいえることなのですが、一括査定で強引な営業をすると、その不動産会社はスモーラなどの運営会社に通報されてしまいます。そうなると、その一括査定のサービスから撤退しなければいけないのはもちろん、他社の一括査定にも登録できなくなる可能性があります。

なぜ他社サービスに登録できなくなるのか?

理由は、こうした悪質業者の情報は「業界内で共有されている可能性がある」ためです。こうした内容は企業秘密なので、実際に共有されているかどうかの確証はありません。

しかし、たとえば消費者金融やカード会社、銀行などは「お客さんの借り入れの情報」を共有しています。個人信用情報というものですが、共有することで、その顧客の信用度を正確に測ることができるのです(もちろん、この個人信用情報の共有については最初にユーザーが同意をします)。

このように、他業界ではユーザーの情報が共有されていることを考えると、不動産一括査定の世界でも、ある程度「ブラックリストの業者」は共有されていると考えられるでしょう。このため、スモーラで問題を起こして退会させられると、その業者は他の一括査定にも登録できなくなる可能性が高いのです。

実際のところは、そもそもそのような業者自体が少ないことに加え、内容が業界の裏事情となるので、正確には把握できません。しかし、何にしても業者にとって「一括査定を追い出される」のが不利なのは確かです。

このような理由から、スモーラも含めてどんな一括査定でも「本当に悪質な業者は混ざっていない」といえます。そのため「断り方(使い方)さえ知っていれば、スモーラの利用にデメリットはない」と考えて下さい。

スモーラ(Smoola)の運営会社

マンションリサーチ株式会社

スモーラの運営会社「マンションリサーチ株式会社」の企業情報(会社概要)は下の通りです。

サービス名 スモーラ(Smoola)
会社名 マンションリサーチ株式会社
所在地 東京都千代田区九段北1丁目2番11号 エイム東京九段ビル3階
設立年月 2011年4月
資本金 2,000万円(2016年9月時点)
代表者 代表取締役・山田敏碁

特に2,000万円という資本金は、不動産会社ではなくメディア企業であることを考えると、かなり多めの金額だといえます。

まとめ

土の上の木製の家の模型

以上、スモーラ(Smoola)の評判についてまとめてきました。最後に要点を整理すると下のようになります。

  • いい評判は、主に相場情報・一括査定について
  • 相場情報は、約800万件という母体データの多さが魅力
  • 一括査定は「最大9社」という企業数の多さが評判
  • 悪い評判は「他社との違いがあまりない」ということ
  • しかし、一括査定などは多く受ける方がいい
  • 選択肢が多いのはユーザーにとって良いこと

まとめると、スモーラ(Smoola)は「選択肢を増やしてくれるサービス」と考えるといい、ということです。スモーラに限らず、どんなサービスでも「それ単体」で不動産の売却を成功させることは考えず「複数使いこなす」ようにするといいでしょう。